◆ 閃き・見切り

 


 

 

 戦闘中に攻撃コマンド、 あるいは術コマンドを実行すると、まれに新しい技や術を閃く事があります。

 

技や術を閃く際は、右図のように電球アイコンがキャラクターの頭上に表示されます。

 

 


 

 

電球アイコン表示後、閃いた技が発動します。

 

閃いた技は、キャラクター毎に管理され、

一度閃いた技を忘れる事はありません。

 

ただし、装備できる技の数には限りがあるので気をつけてください。(後術)


 

 

技や術を閃くには、それぞれ武器や術の資質が必要になります。

資質は、メニュー画面のステータス欄(右図)から確認する事ができます。

武器や術のレベル欄横に表示された★マークがこれに該当します。

 

また、技や術の閃き易さは、武器や術のレベルには依存せず、モンスターの強さに依存します。 よってボス戦などは閃きの格好の場となります。


 

 技や術の装備できる数には限りがあります(右図)。

 

不要となった技は封印する事ができ、

また必要となったら、装備し直す事ができます。

 

この欄に空きが無い場合は、新たな技を閃く事もできませんので、気をつけましょう。




技や術の閃き以外に、モンスターの攻撃を見切る事ができます。


見切りも同様に電球アイコンがキャラクターの頭上に表示されます。


この見切りも技や術同様に、見切れる数に限りがあるため、不要となった見切りは封印するなど、整理すると良いでしょう。